記事リスト

温度などを自動で制御

作業員

最適な方法の選び方

自動制御とは、なんらかの動作に対して、機械が自動で制御を行うことです。それに対応するのが手動制御で、人が状況に応じて制御を行うことをさします。そのときどきの状況に応じて臨機応変な判断と制御が必要となるような作業ならば手動制御の方が優れているのですが、なんらかの規則性がある制御の場合は自動制御の方が優れています。手動制御はミスが起こるリスクも否めませんし、人件費もかかるので、近年は自動制御を導入する流れが進んでいます。身近に使われている例として、エアコンがあります。エアコンを自動運転にすると、一定の温度になると送風にするなどして調節を行います。送風状態で温度が変化するとまた状況に応じて機械が運転状況を変化させます。こうした流れは自動制御で制御されており、人的な制御は介入していません。様々な分野でも、機械を導入している場合は、自動制御を導入する方がコスト削減にもなりますしミスの防止にもなります。ただ自動制御にも様々な種類があるので、最適な方法を選ばねばなりません。非常に様々な方法がありますが、代表的なものにオンオフ制御と比例制御があります。オンオフ制御は比較的シンプルな構造に向いている制御です。オンかオフかのどちらかのみなので、様々な状況があるケースには向いていません。比例制御は様々な段階がある状況に最適な制御方法で、比較的複雑なものに向いています。それ以外にもPID制御などの方法もあり、最適な状況は異なります。導入時は専門家に尋ねてから導入を決めるのがおすすめです。

Copyright© 2018 自動制御の申し込み【エネルギーコスト削減計画を立てる手はず】 All Rights Reserved.